うつ病を予防するためにはどんなことが重要か?

男性の二倍と言われている女性のうつ病

以外なことに男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいことがわかっています。国内のデータによると2倍以上がうつ病に悩まされているということがわかっていますが、発症率は高いものの、それ以降の再発は少ないというのことです。

 

女性の場合、一生涯のうち、青春期や妊娠、出産さらには更年期といったことが関係することで、ライフサイクルの中で女性ホルモンの酸性が激しく変動することで、それが気分の変動に大きく関係することがわかっています。

 

ある程度は理解してたら、この時期に対応をすれば、うつ病や精神的な症状を予防することは出来ると思います。

 

うつ病になると、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質が不足しがちになることが一つの要因で、つまり、今までの感情や考え方が変わってしまうことが関係すると言われているわけなんですね。

 

どうしてかというと、エストロゲンの乱れですね。男性にもエストロゲンは一分に含まれているのですが、女性の場合はそれ以上に多く、神経伝達物質の正常な動きを助ける作用があることが最近の研究で明らかになってるわけなんですね。

 

女性のうつ病の発症率はこのエストロゲンの変動の激しい時期に高くなることがわかっているために、精神的なバランスが起こりやすいと言われています。

 

エストロゲンのバランスが起こることで、うつ病以外にも、月経周期や片頭痛、薄毛なども起こりやすいと言われています。

 

予防するには、食事管理やストレスを溜めないように心がけることが重要になります。