プロザックの効果「セロトニンだけに作用する」

SSRIのなかでもセロトニンだけに作用するプロザック

抗うつ薬SSRIに部類されるプロザックの効果について、
トップページでも少しふれたように、この抗うつ薬は日本では許可されていません。しかし、欧米ではプロザックは処方箋として取り扱われ、世界で最も有名で、なおかつ売れているSSRIと言われています。

 

そもそも、SSRIというのは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」で、セロトニンの再吸収に作用することで、セロトニンの量を増やしてくれます。つまり、うつ病や不眠症の原因として、このセロトニンが低下することが関係し、SSRIであるプロザックを服用することで、改善効果が期待できるということになります。

 

特に、プロザックはうつ病の患者に利用されますが、アメリカの医学データによると、約70%の確率で改善効果が出ているとのこと。特に、うつ病の中でも、軽症から中度の患者に効果が高いとのことで、一般の抗うつ薬や他のSSRIより効果が認められるために、欧米での使用率が高いそうです。

 

そして、プロザックが利用されているポイントの一つとして脳内の神経伝達物質であるセロトニンだけに作用することです。これはSSRI特有のことですが、プロザックの場合は特段にセロトニンだけに作用してくれるそうです。

 

そのため、他の神経伝達物質に作用しないために、副作用が少ないことも期待できます。

 

 

トップへ戻る