プロザックの副作用「疲労感、吐き気、口の渇き、めまい」

初期段階で起こりやすい「プロザックの副作用」

プロザックの副作用に関して、
一般的に、プロザックなどの抗うつ薬だけに言えることではありませんが、薬を服用し改善を図るために、どうしても効果とは違う部分で、副作用が起こってしまいます。

 

体の不調や病気を治すために薬は使うものですが、この目的通りに現れる効果を主作用とよび、逆に体に悪い作用を副作用と呼びます。

 

プロザックはSSRIのなかでも特徴的なところがあり、セロトニンだけに作用するため、他に影響を与えないので、副作用が少ないとされています。しかし、たとえ効果は”マイルド”だとしても、副作用の可能性がないわけではありません。

 

そのため、薬を服用するときは、必ず主作用や効果だけを見るのではなく、副作用の面もしっかりと理解したうえで服用することが大切になります。

 

プロザックの副作用として、
「疲労感、吐き気、口の渇き、頭痛、めまい」
などが起こるとされています。

 

とくに、服用を始める初期に副作用が起こりやすいとされています。
そのために、初期の段階で中断する患者もいるそうです。つまり、これはプロザックなど抗うつ薬を服用しても効果がないと判断するからです。

 

しかし、この初期段階で副作用が起こるという症状は、ある意味では効果が出る”前触れ”だと言われています。プロザックを服用することで、急激にセロトニンの量が増加するため、体内の「脳、胃、腸」などに異変が生じ、抵抗するために副作用が起こりやすくなります。

 

そのために、多少の副作用が起こっても、まずは1〜2週間は継続して服用を続けることが大切になります。

 

 

トップへ戻る