プロザックのダイエット効果で食欲抑制

プロザックによる食欲抑制

やる気や意欲の低下の原因で、うつ病などが起こりやすいのですが、この症状を改善してくれるのがプロザックになります。

 

このうつ病とプロザックに関係していくるのが「セロトニン」で、脳内でセロトニンが低下することで、やる気や意欲が低下するため、プロザックを服用することで、容量が高まり、改善するという仕組みになります。

 

しかし、それだけでなくプロザックを服用することで「ダイエット効果」が期待できるというデータも出ているそうです。

 

実際に、海外では、うつ病や不安障害を改善するためでなく、ダイエットや体重を減量するために、プロザックを服用する女性がいるそうです。

 

海外の肥満者を対象にしたデータによると、プロザックを服用すること、服用後約5ヶ月目に最も体重が減少したそうです。しかも、その後リバウンドが見られなかったそうです。

 

どうしてプロザックを服用することで、副作用(副効果)でダイエット効果が起こるのか?
これは食欲を抑制する効果があるからだそうです。

 

プロザックを服用することで、脳内の神経伝達物質であるセロトニン受容体を抑制することが主作用ですが、他に視床下部にある接触調整中枢に直接作用することで食欲を抑制し、減退させると考えられているそうです。。

 

確かに、ダイエットフリークと呼ばれるような一部の女性にとってプロザックは非常に魅力的な薬に見えるかもしれません。しかし、食欲を抑制させダイエットが成功できても、プロザックの服用を中断すれば、食欲は元に戻ります。

 

では、痩せることを維持するために、継続してプロザックを服用し続けるのか?
確かに、プロザックはうつ病や不安障害を改善するために、とても効果の高い医薬品です。しかし、1年も2年も長期間継続して服用する抗うつ薬ではなく、あくまでも症状を改善すれば、服用は中断します。

 

長い期間服用すれば、それなりのダメージ、つまり副作用がおこる可能性もあります。

 

副作用のことを考えて

一時的なことではなく、長い期間のことを考えると、やはり副作用がなく、ダイエットを心がけたいものです。

 

そこで、同じようなタイプの食欲抑制の効果のある「フルファスト」がオススメだと思います。
っと、私は一度も使ったことがないために、心の底から勧めることはできませんが、こちらはお腹がすいたときに、ベロの上に「シュシュ」とスプレーを吹きかけることで、プロザックと似た効果により、食欲を抑制し、満腹感をえることができるそうです。

 

調べてみると、副作用がほとんどないために、長期間利用することができます。

 

まずは、ダイエットや食欲抑制のことを考えて、効果の高いものを選ぶのも大切ですが、副作用が少ないのを選ぶことも一つ重要になると思います。

 

 

トップへ戻る