ジェネリック「価格が安い」

先発品と後発品「どっちがいいの?」

最近になり「ジェネリック」という言葉をよく聞くようになりました。

 

最初に新しく開発した先発品医薬品には特許権が存在し、独占的に販売することができます。しかし、この特許権にも期間があり、医薬品の場合は約10〜15年とされ、期間が過ぎることで、同じ成分量で販売することができます。

 

これをジェネリックと言います。

 

ジェネリックの最大のメリットとしては「価格が安い所です。」
どうして、後発品であるジェネリックは価格が比較的安くなるかと言うと、先発品の場合は、新しく薬を開発するまでに「時間、実験、人材」など、様々な面でコストがかかっています。

 

それに比べ、後発品であるジェネリックは、医薬品に必要な成分はわかっているために「時間、実験、人材」などが不必要なために、コストがかからないため、価格を安くして販売することができます。

 

プロザックのジェネリック「オキセチン、フロキシン」

プロザックの場合が先発品に当たり、後発品のジェネリックが「オキセチン、フロキシン」になります。

 

成分は同じ「塩酸フルオキセチン」で容量は「20mg」を配合しています。
そして、一番大切になる価格ですが、やはりジェネリックが格段に安いです。

 

 

プロザックジェネリックを個人輸入で購入

プロザック 

 

数量

成分

価格

個人輸入

1箱:24錠

塩酸フルオキセチン
20mg

1,600円〜2000
1錠:160円

購入はコチラ>>

 

フロキシン(プロザックジェネリック)

 

数量

成分

価格

個人輸入

1箱:24

塩酸フルオキセチン
20mg

1,000円〜1,500円
1錠:10円

購入はコチラ>>

 

オキセチン(プロザックジェネリック)

数量

成分

価格

個人輸入

1箱:100錠

塩酸フルオキセチン
20mg

2,000円〜2,500円
1錠:20円

購入はコチラ>>

 

 

 

価格を見ると、そこまでの変りがないように思うのですが、1錠で比較すると、やはりジェネリックが格段に安いですね。

 

これがジェネリックの最大のメリットだと思います。

 

 

トップへ戻る