酒やアルコールと一緒にプロザックを服用すると?

プロザックとアルコール「高血圧」が問題?

若いころだったら、多少の”悩み、不安”はお酒の力でごまかすことができていたのですが、年齢を重ねることで、なかなか対応できなくなり、うつ病を改善してくれるプロザックを服用しています。

 

しかし、注意しなくてはいけないのが、アルコールを吸収している状況で、プロザックを服用すること。これは注意しなくてはいけません。

 

プロザックや抗うつやだけでなく、薬全般に言えることで、酒やアルコール「一定の量以上」を吸収することで、血中濃度が高くなります。ここが問題で、この状態で、プロザックや薬を服用することで、本来の効果とは違った作用(増強、副作用)が起こる可能性があるため、「薬と酒」を体内に吸収させることに注意が必要になります。

 

ただ、あくまでもプロザックの場合は、現段階では相合作用が認めれていないため、つまり「相合作用の実験からの報告がないため」ハッキリとしたことはわからないのが現状だそうです。

 

しかし、副作用や効果のことを考えて、お酒やアルコールが体内に”吸収されていない段階”でプロザックを服用する。
これが一番、悩んでいる症状を回復するのに近づくと思います。

 

 

トップへ戻る