納豆と薬

納豆と薬は危険

違うページでも少し説明したのですが、薬と一緒に牛乳を一緒に飲むと、効果が薄まると説明をしました。

 

他に、食べ物にも気をつけたいものがあります。
ただし、プロザックの場合は、そこまでデリケートになることはありません。

 

薬と相性が悪い食べ物として、納豆があります。
日本の伝統的な発酵食品で、良質の大豆蛋白質がとれてカロリーは控えめ、こうつ粗しょう症予防効果も有る素晴らしい食べ物。でも、血管内に出来た血の塊が、血管に詰まる病気、静脈血栓症の薬を飲んでいる人は、絶対に飲んではいけないとされています。

 

納豆の中のビタミンKが血栓が作られないようにするための抵抗作用により、阻害するそうです。

 

背一角薬を飲んでも、ビタミンKを摂取すると効果が得られずに、静脈血栓症の予防や治療が進まなくなってしまう。

 

食べ物と同じく、胃や小腸の内側から吸収する内服薬は消化器官に食べ物があると言われているために、服用する前は薬剤師か担当の石に相談をすること。

 

最近では、ドラックストアーで購入した薬を服用し、副作用が発症する人が増えているそうです。まずは、ある程度の説明を知った上で利用するのが良いかもしれませんね。

 

 

トップへ戻る